SUSHIじゃないJAPANの備忘録

私の人生で衝撃を受けたお話をします。みなさんの生活のちょっとした楽しみになれば幸いです。

同居人のイギリス人が破天荒で困っています① 〜外国人とのシェアハウス記録inオランダ〜

 

昨日紹介したキャラの濃い同居人達の中の1人、イギリス人のシャン(仮)。

出会いはある年の8月、お互い同じ日にオランダに越して来た。

先に到着していたシャンは私たちがこれから一緒に生活する家のドアを開けてくれた。

 

引っ越してすぐは毎日同居人みんなでご飯を食べ、夜遅くまでおしゃべりしていた。

 

シャンとの関係に変化があったのは10月。

ある晩、私は韓国人の友人のアンジー(仮)とベルギーに行くと言う話を同居人達にしていた。

その話を聞いたシャンは一緒に行きたいと言い出した。

アンジーとシャンは面識がない。

日本人同士では面識のない友達との旅行に急に参加することはまず珍しいことやから、さすがやなー!とか思いながらアンジーにも了承を得て一緒に旅行に行くことにした。

ちょっとした異文化を感じられて、旅行メンバーも増えて嬉しかった。

 

だけどこの旅行がシャンと私との関係を大きく変えることになった。

 

ホテルを決める時にシャンは破天荒の片鱗を見せた。

お互いを知るために私が作った、3人のグループチャット。

シャンはアンジーに挨拶もせずにいきなり

 

「安いホステル見つけた〜」

「もうとっていい?後でお金払ってね」

 

と送って来た。

 

おや!とは思ったけどアンジーも

「安いね〜URL送って〜」

とまあ楽天的な返事を送っていたので私もあまり気にせずそのままスルーした。

 

日本人やったらまず自己紹介をして「入れてくれてありがとう!」とか「いきなりごめんね、よろしく!!」的な事を言うと思う。

宿泊先決めたりするのも旅行の醍醐味でみんなと相談するやろうなとは思った。

だけど日本人のやり方に当てはめても仕方がないし、それが普通やとも思っていない。

そのやり方が日本人のいいところでもあって、悪いところでもあるよなあなんて考えていた。

 

(ちなみにそのホステルがあまり治安のよろしい場所ではなかったことは着いてから知った。)

 

旅行まであまり時間がなかったけど、私は面識のないアンジーとシャンのために一度あって話せる機会を設けようとした。

まずこの考え方が日本人的すぎたのかもしれん。

何回も日程を決めては2人の都合でバラシになるの繰り返しで結局2人が初めて顔を合わせたのはベルギー行きのバスの中やった。

2人はここでもろくに挨拶もせず、そのまま普通に旅行が始まった。

 

シャンと私の小さな戦いもここから始まった。

 

p.s.なんだかんだ言って今日もでシャンたちとピクニックをした。

家が河沿いにあるから、外で座ってこうやってブログを書けるのは最高の気分。

だけどここはオランダ。これは束の間の幸せであって、明日からはまた、太陽を見ることは出来なくなるでしょう。

 

https://www.instagram.com/p/BbX3cRanDx2/

夜景...#ヨーロッパ #ベルギー #ブリュッセル #留学 #留学生 #Belgium #brussels #travel #Europe #instatravel #studyabroad #grandplace #loves_belgium #exchangestudent #architecture #trip #nightview #tripgram #travelawesome #traveltip #travelgirl #海外旅行 #旅行 #retrip_global #retrip_belgium #🇧🇪 #merylstripfc #LlittleGirlBigWorld‬ #streets_and_transports

 

少しでもこのブログを楽しんで頂けた方!クリックしていただけるとありがたいです!!



 

 

ハワイで短期留学しよう【Hawaii Palms English School】

留学品質!QQ Englishオンライン英会話